無色透明ダイヤだけではない様々なカラーが存在するダイヤモンド

ダイヤモンドの色と言えば、カラーレスの無色透明が代表格として挙げられます。しかしながら、実際には無色透明のダイヤよりも、色の付いたカラーダイヤモンドの方が多い傾向にあると言われているのです。尚、色の付いたものには、イエローやブラウン、ピンク、ブルー、グリーンと言った様々なカラーが存在します。物によっては、無色透明のものより価値が高くなります。イエロー、ブラウン、グレーを除くカラーダイヤについては、希少であることから価値も高くなっています。また、ピンクダイヤの中でも赤みが強いレッド、数が少ないブルーに関しては、とても高価な宝石として知られています。黒く不透明なブラックダイヤモンドもカラーダイヤの一種であり、高価な宝飾品として評価されています。
カラーダイヤモンドは、天然物となるととても高価になります。それは、採掘量や現存量が少ないことが背景に挙げられます。一方で、人工的にカラーを入れられた加工品は広く流通しているものの、ダイヤモンドの輝きや美しさは天然物には叶わないと言われています。

http://www.fuku-chan.biz/shopnav/umeda/jewelry/jewelry_daiyamond_umeda.php